excitemusic

高松市在住の転勤族妻のつれづれ
by no-himi-na
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ベトナムから帰国後の初ラーメン
at 2016-07-29 08:11
ベトナム旅行④
at 2016-07-28 07:48
ベトナム旅行③続き
at 2016-07-27 23:19
ベトナム旅行③
at 2016-07-27 19:01
ベトナム旅行②続き
at 2016-07-26 11:09
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


旅行の反省☆

旅行に持っていって役に立ったもの、いらなかったものです。

うちは旅行好きなので、いろんなサイトを調べて毎回準備しています。


<子どもの荷物>
①薄手のカーディガン(海外のホテルやレストランは冷房が効きすぎているところが多かったので結構役立ちました)

②オムツ(現地調達も考えましたが向こうでオムツ買うためにうろうろしたくないし余ったら荷物になるし、慣れてるオムツがいいので持参。3泊4日で20枚ほどでうちは足りました。
使った分トランクの中身が減るわけだし。プールに入るときは水遊びオムツなのでいつもよりは少な目。
旅行代理店で売ってるオムツパックは割高)

③水遊びオムツ(午前と午後にプールに入ったので1日2枚程度。3枚くらいしか使わなかった。ドラッグストアで安売りのとき調達)

④常備薬(使い慣れた薬が一番。うちが持っていったのはいつも服用している喘息を予防する薬・鼻水が出てたので鼻水の薬・甲状腺ホルモンの薬・喘息の吸入薬2種類と吸入器)・・・すべてかかりつけ医に処方してもらったもの
d0204120_14464958.jpg

これは機内で喘息の発作が起こった時用に念のためかかりつけ医に出してもらった携帯用吸入器。

右の白い部分から透明なケース内にシュッと喘息の発作を抑える薬を満たし左のマスク部分に口と鼻を
密着させて薬を吸入します。

そこまで重症ではないので機内でまったく使用せず。・・・ですがホテルの部屋で一時的に電圧が落ちた
ようで持参したいつもの吸入器が使用できないアクシデントが!その時に代用で吸入させました)

グアムの電圧はよく落ちるそうです。

⑤綿棒(ベビー綿棒と大人用の綿棒。部屋のアメニティで大人の綿棒は付いてきますがプールに入るので
多めに持っていきました。ベビー綿棒はあまり売ってないので役立ちました)
   
⑥ボディオイル(お風呂上りの保湿用と便秘時に綿棒で浣腸するために使いました)

⑦ペットボトル用ストロー(機内で耳抜きやプールで水分補給時に)

⑧ウェットティッシュ(レストランでおしぼりみたいな濡れティッシュがなかったので役立ちました)

⑨外出用お尻ふき(ミニサイズのお尻拭きで十分足りました)

⑩水着

⑪ラッシュガード(日焼け止めを塗らなくていいのでラクでした。2日目はくもりだったので水着でもいけたけど
3日目は日差しがきつかったので着せた。水着が乾かない時はラッシュガード+水遊びオムツで遊ばせてました)

⑫ベビー用浮き輪・空気入れ(小学生くらいだとウォーターパークの浮き輪が使えるけど、乳幼児には大きすぎるので。両足を入れて浮かぶタイプの浮き輪。空気入れは¥298で買いました)

⑬着替え(機内で汚した時に着替えさせるため着替えの楽なロンパース1枚を手荷物に入れました。汗をかくので1日2着あたりでもって行きました)

⑭ベビー用日焼け止め(子ども2人ともこれを使いました。プールでの塗り直し用にスプレータイプの日焼け止めも持参 ↓ )
d0204120_14433297.jpg

これ肌に優しいタイプで石鹸で落とせる。SPF35あるので家族みんなで塗り直しに使える。
スプレーさかさまにしても使えますよ。

⑮変圧器(持参した吸入器を使うために購入してもって行きました。アマゾンで¥2000しなかったみたい)

⑯機内ぐずり対策のおやつ・おしゃぶり(おしゃぶりは耳抜きにもよかった)

⑰虫刺され防止のシール(海岸が結構蚊がいると何かに書いてたので持っていきましたがほとんど使わず。
草むらの多いところを歩くなら必要かな)

⑱帽子(プール用の帽子と外出用のつばの広い帽子)

⑲おもちゃ(うちはすっかり忘れてしまじろうだけ持っていきました。JALはおもちゃくれるんだけどね。。。)

⑳使い捨てスタイ(お役立ちでした。旅行先でまで洗いたくないし、塗れたままだとニオイがするので)


・うちは海は連れて行かなかったけど行くならマリンシューズ。


<反省>

・体調を万全にするのにばかり頭がいっててベビーフードすっかり忘れてました。。。

子どもにはスパイシー&味が濃い目な食事が多かったので少し持って行けばよかった。

ご飯は取り分けできますがグアムのご飯はパサパサしたタイ米?が主流。ピラフはおいしいんだけどね。

1歳4ヶ月では離乳食はほぼ完了してるとはいえ大人の味はまだ早いもんね・・・

・帰国前夜に子ザルが便秘&嘔吐。。。たぶん慣れない食事が原因かと。
お食事中の方、ここスルーしてください。


何度もいきんでは引っ込みを繰り返して泣くし、嘔吐するしかわいそうでした。。。

綿棒にオイルをつけて綿棒浣腸をしてあげたら解決!!!

綿棒とオイル持っていってよかった~~

ベビーカーは荷物になるのでグアムの空港でJTBカウンターで無料レンタルを事前に申し込んでおきました。(夏休みなど混んでるときは早めにしないとレンタルできないみたい。
よっぽど汚すとクリーニング代取られます。)

飛行機降りて入国審査あたりで使えるベビーカーが空港には置いてなかったと思う。

バッゲージクレームを過ぎるとベビーカー置いてあるんだけど。

入国審査で夏だと混んでるので1時間くらいかかります。その間、ベビーカーなしでずっと列に並んで抱っこ

はきつかったな・・・・機内持ち込みできるサイズのベビーカー持ってけばよかった。
(航空会社によって違うので要確認)





<全体の感想>
・入国審査はぜんぜんユルイです。グアムは家族単位でパスポート提出してだれか代表が渡航目的と
滞在日数をいうとあっさりOK。15歳以上は全員指紋と写真とられます(帽子・めがねは取る)

イギリスのほうがだんぜんキビしかった。私は留学してた夫に会いに子連れで行ったので「なぜダンナはいないんだ?」「ダンナはなんのために留学してるのか」「あなたは日本で仕事をしているのか」などしつこくきかれました。。。当時持っていたぬいぐるみも取り上げられ厳しくチェック。(後で返してくれましたが)

たぶん夫を頼って渡航し不法就労かと思われたようです。


・薬もトランクの中に注射針を持っていったのですがX線通しても特に言われなかった。(念のためかかりつけ医に英語で薬の処方内容を書いてもらいましたがまったく使用せず。。。)

けど抜き打ちでトランク開けられることもあるらしいので・・・



・日本の県じゃないの?ってくらい店やホテルでは日本語通じます。キンチョー感まったくなかった・・・

でも英語話せる方がやはりいいですね。細かい説明求めるときや要求するときなどは特に。

靴買い物した時、店員が箱なしだとディスカウントできない・・・と憮然とした態度で言ってきた時は

英語話せる彼にすべておまかせ。レストランでも活躍してくれました!助かった~~~

子供用椅子は「High chair,please」、子供用の取り分け皿とスプーンは「Small plate and 

small spoon,please」・・・これくらいは私にも言えました。。。



・彼はチップの渡し方がうまいな~と思いました。

私はチップ習慣に慣れてないのでついつい頭で1割くらいだからいくら渡す・・・なんて考えてしまいますが、

要はついでに頼みたいこと、自分でするのはめんどくさいから頼みたいことなどはチップが必要なんだと

思います。レストランでも必要だけどね。(サービス料がかかっているホテル内レストランは要らないと思う。)



例えば・・・・

空港からホテルに送迎してもらうときに普通はチェックインのお手伝いまで運転手はしません。

でも、車から降りてドアを開けてもらうときさりげなくチップを握らせると、ポーターのいないホテルでも

ポーターの代わりにホテルロビーまでトランク運んでくれるし、チェックインの係りの人を呼んできてくれます。

(その間、他のホテルに送るはずの他の旅行客は車の中で待たされたまま・・・・・
彼らにとってチップをもらったらよくしてあげるのは当然なので、他の客は待たせようがどうでもいいのです。)

ハイアットなどの高級ホテルだとポーターがいるようなのでその人にチップ渡せば運んでくれると思います。



あと、ホテルの部屋で子どもの汚れたオムツはビニール袋などにいれてトイレのすみにでも置いておきます。

特別に汚れたオムツも処理してもらうので、部屋のクリーニング代として少し多めにチップ置いておきました。


クレジットで払うときはチップ込みの値段を伝えてサインすればいいのです。




いい待遇を受けるためにはチップ上手に使わないとダメですね。
[PR]
by no-himi-na | 2011-07-19 15:22 | 旅行
<< 整体デビュー!! グアム旅行記④ >>